吉本由美さんと佐世保バーガーの旅

2014年春号から好評連載中の、吉本由美さんの「おいしいうわさ」。
春号では「博多うどん」夏号では「しろくま」を紹介しました。

しろくまは、鹿児島市内での取材。
九州自動車道をブオーと南下し、約3時間で到着です。

IMG_5463
ここは「セイカ食品株式会社」さん。ものすごく気になるポスターが…。

IMG_5460本場・鹿児島での初しろくまは、カップ入り。

IMG_5483
アーケードを歩いていたときに、
ものすごく視線を感じると思ったらしろくまがいました。

IMG_5497
「天文館むじゃき」さんにて。これが本場のしろくまです(※ベビーサイズ)。

IMG_5513
せっかくなので、“くろくま”も食べました。コーヒー味でさっぱりしています。

そして、秋号では「佐世保バーガー」にスポットを当てました。

熊本市内から九州自動車道をブオーと北上し、佐世保市へ。

今回は時間にたっぷり余裕がありましたので、
佐世保の街中をぶらぶらと歩いたりもしました。

こちらは、JR佐世保駅から徒歩10分ほどにある西海市場。
昔からこの場所で商売をされているお店がずらりと並んでいて、吉本さんと興奮気味に歩き回りました。

IMG_5800
佐世保は港街だからか、カラリとした風が吹いて心地が良い場所でした。

IMG_5791
海産物が豊富だから、魚屋さんの品揃えも充実!! 店先で自家製の開きを干す店も。

IMG_5803
らっきょう漬けだらけのお店もありました。


IMG_5807

もちろん、自家製。奥には柚子こしょうや梅干しもありました。

IMG_5788
こちらは、創業75年くらいという商店。
「うちはこの市場で一番古いのよ〜ほっほっほ〜」と女将さん。
木製のショーケースには自家製のうどんやそばの麺が並んでいておいしそう!

防空壕の跡を再利用してできた“とんねる横丁”も歩きました。

IMG_5827
店の裏に防空壕が見えているのが分かりますでしょうか。


IMG_5826

なぜかホルモン屋さんが多かったです。

そんなこんなでぶらぶらしつつも、取材はきちんとして来ました。
まず、夜20時からしか開かない佐世保バーガーの老舗へ。
IMG_5771

佐世保バーガー=ビッグサイズのイメージがあるかと思いますが、
こちらのバーガーは小ぶりサイズです。

取材中、ひっきりなしにお客さんが来店されたのですが、
ほぼ全員が地元住民の方。

詳しいことは本誌を読んでのお楽しみ…なので割愛しますが、
佐世保市民は、飲んだ後にバーガーを食べる習慣があるそうでした。

IMG_5774
バーガーと並ぶ人気商品、“サンド”。
吉本さんと私はたまごサンドを注文したのですが、
ママができ上がりを差し出しながら
「チーズサンドが一番人気なんだけどねぇ」と一言。

・・・その情報、注文する前に教えて欲しかったです。笑

もちろん、王道の佐世保バーガーも食べました。

IMG_5833
右が一般的なバーガーサイズのアボカドバーガー。左が佐世保バーガーです。

こちらのお店には、「佐世保バーガーの食べ方マニュアル」なるものが
掲示されていたのですが、それによると何と、
食べる前に紙の上から押しつぶすのがベターだそうです(!)。

そうすると、バンズと具がいい具合になじんで食べやすくなるのだとか。

押しつぶしてしまう前に、吉本さんと佐世保バーガーをパチリ。
小顔な吉本さんのお顔と同じくらいの大きさです。

IMG_5836

こんな感じで、ゆる〜っと旅をしてきました。

本誌では、もっとちゃんと佐世保バーガーについてお話していますので
詳しくはそちらでご覧ください。

さて、冬号の“おいしいうわさ”は何でしょう? 次号もお楽しみに!

フォローする

フォローする

シェアする