九州北部豪雨復興支援バックナンバーキャンペーン

九州北部豪雨による被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

2017年7月5日の九州北部を襲った記録的な豪雨から1ヶ月が過ぎました。
いまだ復興半ばの地域も多くありますが、一方で比較的被害が少なかったにもかかわらず、風評被害によって観光で訪れる人が減っている地域も多いようです。

九州の食卓では、ささやかながら復興支援の一助になればと、日田、うきは、湯布院、耶馬渓を特集したバックナンバーを500円で販売し(定価802円)、売上げ金を日本赤十社を通じて被災された方にお届けします。(ネットショップ及びセレクトショップ限定企画です)

本誌を通して少しでも被災地および近隣の地域に対して興味関心をもっていただき、実際に足を運んでいただけるとうれしいとの思いから企画しました。

購入はこちらから


九州の食卓 2012年春号 vol.13
【大分県 塚原高原特集】
湯布院の北、標高600mに位置する塚原高原。
湯布院から車で10分の距離にありながら、
いまだに観光地化されることのない穴場的スポットです。


九州の食卓 2012年秋号vol.15
【福岡県 うきは市特集】
商いの「吉井町」、農耕の「浮羽町」。
2つの異なる文化に触れることができるうきは市。
ライフコーディネーターの沼田みよりさんが手仕事品を紹介します。


九州の食卓 2014年春号 vol.21
【大分県 日田市特集】
今回、大きな被害を受けた小鹿田焼の里も紹介しています。
“きこりめし”や“ひたん寿司”を食べ、梅干し名人の家に民泊…。
お土産情報も満載です。


九州の食卓 2015年秋号 vol.27
【大分県 耶馬渓特集】
青の洞門や新緑・紅葉の渓谷美だけでなく、
“オーガニックな村”としても注目される耶馬渓 。
多くの移住者が移り住み、それぞれの価値観で
環境に負荷を与えずに暮らすスタイルをリポートしています。

フォローする

フォローする

シェアする