林業をしていた甲斐さんが作るおひつとめんぱ

甲斐安正さんは林業をしていた方で、宮崎県伝統工芸士。
山に入る時のお弁当箱として使っていためんぱを作り始めました。
接着剤や金属の釘、塗料などは使っていません。

炊いたご飯を熱々のうちに移して蓋をしても、蓋を開けた時に水滴がついているのが特徴。
夏は冷たく、冬は温かく保存されています。
ほんのり香る木の香りがなんとも良いです。

めんぱの他、おひつも九州の食卓の通信販売で購入できます。
http://9syoku.shop1.makeshop.jp/shopbrand/006/003/X/

フォローする

フォローする

シェアする