田中一平さん(34歳)、久美子さん(32歳)、心平くん(2歳)の3人家族。一平さんは福岡県で育ち、東京の大学に進学。卒業後、福岡県の有機農家に師事し、1年間の研修を経て、研修中に出会った久美子さんとともに新規就農。

yamadabanner

農薬を使わない有機栽培
1年目は、3反6畝の田んぼに夫婦2人で苗を手植えし、人力で除草しました。
今の田んぼは全部で1町。
効率は悪いものの、「手を使うのが好き」で、
できるだけ人力での作業を行っています。
田んぼには平飼いの鶏の醗酵鶏糞を投入し、
農薬を使わない有機農法を続けています。

噛めば噛むほど甘味が増すお米

平成元年に伊勢神宮で発見された、
コシヒカリの先祖がえりといわれる「イセヒカリ」を栽培しています。
硬質米タイプで、しっかりした歯応え。
噛むごとに甘味が出てくるお米です。
水に少し長めに浸けて炊くとおいしくなります。
味わい深い玄米と5分搗きも用意しています。

気持ち良く食べられるように

栽培に関する考え方は少しずつ変わっていますが、
一貫しているのは「化学的なものを使わず、
自分が気持ち良く食べられる農作物を、自分のやりたい方法で育てること」。
昨年から本格的に販売を始めた米は、私たちも1日7合くらい食べています。
山のきれいな湧水でじっくり育ったお米をぜひ食べてください!

yamadabanner