九州南部に比べて、北部は豪雨はなく梅雨の中休みも時々ある感じで推移しています。それでも日照が少なく気温が低めなのでこれからが心配です。

またまたしばらくぶりなのでいろいろと振り返ってみます。

IMGP0045-2

株間は狭いけど植付本数も少ないのでガッシリ拡がって分けつしてきています。

DSC_1964

ユスリカの幼虫が次々に生まれてトロトロ層を作ってくれます。田んぼのミミズのような存在です。あの蚊柱になる虫ですが、多くの生き物の餌になってくれるのです。トンボのヤゴもいますね。今気がついたけど今年はウスバキトンボ少ないですね。中国や東南アジアから偏西風に乗って渡ってくるはずだけどどうかしたかな?

DSC_1960

ミズカマキリが気持ちよさそうに日光浴しています。

DSC07630

大学の先輩で南阿蘇で農業を営む、『九州の食卓』でもおなじみの大津家に金子勝先生が来られるけど集まらない?と声をかけてもらったので、遊びに行ってきました。

DSC07689

ERIさんは大きいお腹を抱えながら、エネルギー兼業農家を目指して相変わらず活発に動き回られてます。他にも面白い人が集まっていて刺激をいっぱいもらいました。初めて来た人がこんなに楽しんでる農家がいることにびっくりしたらしく、それが逆に新鮮でした。

僕が農業に飛びこんで以来お世話になっている先輩農家には、ほぼ100%後継者がいます。別に子どもが継ぐことが絶対ではないですが、辞めていく農家がほとんどの中、儲けるか儲けないかではない基準で農業を営んでいることが大切だということの証明だと思っています。

DSC07717

生育期間中のよその畑や田んぼを見に行くのは、自分のところが手一杯の状態で今まで無理だったけど、サバティカルな1年だから気持ちが焦ること無く、作業させてもらったり見学させてもらいました。来年はアイガモしようかなぁ

DSC07387-2

自分の山に帰ってきて、今年は大雨が無いからかホタルがたくさん飛んでいました。毎日暗くなると家の周りにも少しだけどホタルが飛びます。自分の田んぼの上も飛んでいました。

DSC_1968

田植え後1ヶ月も過ぎ、だんだん水面が見えないぐらい稲が茂ってきました。

IMGP0203

ほら、だいぶ隙間が無くなってきたでしょう。草が生えて残ってしまったところがあるので穂が出る前にもう一度しっかり取らないといけません。

IMGP0198-2