みなさんこんにちは

鹿児島から、山と田んぼがあれば一回生きれるよと名前から教えていただいている、かえるすたいるYamada野菜の山田一生です。

さて、前回は梅雨の真っ只中に投稿させていただきましたが、それからかれこれ1ヶ月以上経過してしまいました。みなさますみません。

IMGP8697

鹿児島の今年の梅雨は半端じゃなかったように思います。40日間ずーっと大雨だったような、そんな感覚です。ずぶ濡れで田植えの毎日でした。あんまり大雨が続くのもカエルにとっても大変だったのではないかと想像します。

ただ、頑張って植えた稲たちは大雨にも負けずに育っていて、いよいよ出穂間近という感じです。(ササニシキは一足先に穂が実りはじめています。)今年は草取りも頑張りました。

下の写真の田んぼには面白いほど生き物がいます。中にはゲンゴロウもいたり、昨年はタガメの死体も発見しました。ここは4年ほど耕さずにお米を育てている田んぼ。

IMGP9093

梅雨が開けたとたん容赦ない暑さとの戦いとなりました。熱中症になる前に川でクールダウンです。体を直接冷やすのが大事です!

IMGP9105

畔の草は刈っても刈っても伸びてきますが、美味しいお米が取れるように頑張ってまた刈ります。夕方、刈った草を燃やす時の匂いがたまらなく好きです。ぼくの中の夏の香りとして記憶に残りそうです。

 

 

IMGP8984

 

さて、うちの夏野菜はというと、ほぼ全滅という悲しい事態となっています。梅雨の大雨にやられてしまいました。なので、現在野菜セットの注文はストップさせていただいています。早く開始できるように努めていきます。

そんな中順調に育っているお野菜もいくつかありますが、中でもこちらはとても元気です。

IMGP9176 IMGP9180

そうです。ゴマです。

白ごまと黒ごまとありますが、これらは梅雨が終わってからタネを蒔くことにしましたが、それがよかったのか、順調です。きゅうりなども7月になって元気になっているやつもあります。

今後、今年のような梅雨が頻発するかもしれません。野菜を育てる時期もだんだんと梅雨を避けて、、と変わってくるかも? 時期についてはいろいろ考えてお野菜と向き合っていく必要があるかもしれません。

そして、鹿児島で農業するからにはこいつとも共存しなくては…。現在最高レベル(うちのなかで)警戒中です!!

IMGP9186