みなさんこんにちは

秋号の「秋のふかふかおむすび」の特集はもうご覧になりましたか?

その中で紹介されている出張おむすび屋さんの”おててさん”がうちにやってきたんです!!

なーんでか!?

 

そう!食の定期イベント九食塾「おててさんのおむすび教室とお米農家の話&新米直売会at鹿児島会場」がうちで開催されたのです!!パチパチパチ☆(拍手)

前日からうちに泊まっていただいて、いろいろな話ができました。おててさんの人柄がとっても素敵で親しみやすくて一気にファンになりました。写真は前日の夜ご飯の様子。

DSC_0173

今回のイベントでとっても緊張していたことがあります。それは、みなさんにうちのお米を目の前で食べていただくから。こんなダイレクト感ありません。美味しいかな?香りはどうかな?他の米と変わらないね、ってなったらどうしよう?などとドキドキでした。

そんなことは置いておいて、九州の食卓さん!うちのお米を食べる機会を作ってくださってありがとうございます!というのと、目の前でうちのお米を食べていただけるだけで僕たちはとっても幸せ!と思いでやっぱり寝る前にはワクワクが増してきました。

DSC_0180

 

さて、当日おててさんのおむすびレクチャー。まずはうちの新米が土鍋で炊き上がりました!

DSC_0208

その後参加者のみなさんでおむすびにチャレンジです。おててさんの、お米をふかふかにむすぶ手の柔らかさに感嘆の声があがります。

DSC_0213 (1)

「どんな具合?どんな具合?」「力加減が難しい!!」「おててさん、僕の手の上から握ってください笑」などなど、うちの米をみんなで握ってくれています。みなさんこんなに意識しておむすび握ったことがあったでしょうか?おててさんのおむすびに少しでも近づけようと心を込めてみんなで頑張りました。うちの娘もなぜか顔を隠してますが、たくさんお手伝いしてくれました!

DSC_0203 DSC_0198 (1)

うちのお野菜で浅漬けも作ってくださいました。野菜喜んでます!

 

そして、いよいよおむすびを「パクっ!」

「うまい!!」「美味しい!」「やっぱりおててさんの違う!!」

(美味しすぎて写真が撮れてません!!)

おててさんの握った方と自分たちで握った方の両方をいただきました。おててさんの握った方は本当に優しくて、柔らかくて、お米の一粒まで大事に包まれていて、フワッと口の中に入った後、全部の粒の存在がわかるぐらいお米がたっていて、おててさんのおむすびにかける思いが伝わってきました。お米の美味しさを全て引き出してもらったおむすびだと思いました。たかがおむすび、されどおむすび!こんなにも違うものなのか!!

今までのおむすびの常識が覆されました。

いやーしかもうちのお米ですよ。嬉しすぎます。みなさんにもお米美味しい!と言っていただけて本当に嬉しかったです。ちょっと泣きそうでした。ありがとうございます。

この一年、頑張ってお米と向き合ってきて本当によかったなー、とつくづく思った一日でした。食べていただけて感謝です。

それと、おててさんのお味噌汁や梅干し、付け合わせの生姜醤油など美味しいもの盛りだくさんで幸せな食卓でした。

ぼくたちのお米の話も聞いていただけてよかった。

実はこの日、自分たちも今年の新米をはじめていただきました。やっぱりお米って美味しいなーとつくづく。先日小麦製品の販売量がお米の販売量よりも多くなったというニュースを聞きました。うちでは小麦も作っていますが、やっぱりお米を好きでいたい。日本人だもの。

DSC_0212

それから心を込めておむすびをつくっていきたいなーとしみじみ思った一日でした。

みなさま本当にありがとうございました!!

 

追伸:そうそう、ようやくお米作業もひと段落できそうです。あとは古代米を脱穀すれば今年の米作業は終わりかと。それから小麦の種まきと忙しいのは続きそうですが、年内頑張って動き続けようと思います!新米よかったらご注文くださいね☆

DSC_0042